食の好みの変化と年齢の関係について

年齢を重ねて行くと、食への興味や好みにも変化を感じるようになりました。もちろん、昔から好きなものというのは、それほど変わりありません。けれど、食べられる量や頻度といったものは、格段に落ち着いたと思います。また、苦手だと思っていたものを食べられるようになったり、今までなら、食べてみたいとは思わなかったものでも、チャレンジしたくなったり、年齢とともに様々な変化があり、とても面白いと思います。正しいかどうかは分かりませんが、私の場合は、身体が必要としているものに好みや興味が引き寄せられているような間隔があります。例えば、味の濃いものが好きというのは、一貫して変わりません。けれど、若い頃は、何でも大丈夫でしたが、今では出汁が効いていて、味の濃いものは美味しく感じますが、単に塩加減が強いものや化学調味料が多いものだと、胸焼けを起してしまいます。年齢とともに、身体の内部にも優しいものが求められ、それに反応するように、好みも変わってきているのかもしれません。